【staff紹介】アーカム 畠中です

皆様こんにちは、アーカムの畠中と申します。

神戸ITフェスティバルの実行委員会のメンバーです。

アーカム畠中

昨年の第一回目は、東京で仕事をしておりましたので、完全に乗り遅れてしまいましたが、フェス終了後、旧知の舟橋氏にお誘いいただき、委員会に参加させていただきました^^

O2O(オンラインツーオフライン)テクノロジーを使ったまち興し的な企画はいつかやりたいと思っておりましたので、2つ返事で参加表明させていただきました。

舟橋氏とは氏が主催しておりましたショコベという2005年(だっけ?)にオープンソースを使ったSNSに参加させていただいて以来です。

それから数年が立ち、facebookの広がりと共に、またお付き合いが深まり、またこういう形で、コミュニティに参加できることを嬉しく思います。

趣意書にも記載されておりますが、「神戸を愛する」というキーワードは、ショコベを立ち上げられた時からなんら変わりなく、そのブレないところにも共感しましたので、ぜひともフェスティバルを盛況にするべく頑張って行きたいと思っております。

また僕の本業はオンライン書店を運営しておりますので、本と本屋の未来を考えるセッション、催事などを個人的には、今回のフェスで実現できたらなあと思っております。リアルショップ、オンラインショップ、電子書籍関連の会社の方などをお呼びして、本と本屋の未来を語るような座談会を考えております。地域x本屋の最適解というのも考え方によってはあると思います。

<中略>

地域xITオンラインとオフラインの融合した世界が必ず訪れます。

その時に消費者として、企業として、より良い有効活用方法、そして神戸のブランド力向上というところを深く掘り下げてみたいと思っておりますので宜しくお願いします!

また、まだまだ運営者側でこんなことやってみたい!という方いらっしゃればぜひお声変えくださいまし!

 

では、次、みつださんいってみよー^^

Share on Facebook

コメント

comments