【講演】ビッグデータ時代だからこそ、NoSQL で MySQL!

ビッグデータ時代へ漕ぎだしたいという方へ。

[講師] 文屋宏氏(株式会社リンク)
[日時] 2012年10月5日(土) 17:15-18:00
[場所] 9F 904
[定員] 60 名

ビッグデータ時代には欠かせない技術となった「NoSQL」。

本講演では、神戸発 NoSQL「okuyama」の活用事例を at+link と神戸デジタル・ラボの取り組みを例に挙げて紹介し、NoSQL を使ってビッグデータ時代を勝ち抜く戦略についてお話しします。

一方、NoSQL だけですべて事足りるわけではなく、RDBMS の重要性も今後ますます高まります。

そこで、新たな試みとして、okuyama ファイルシステムを使ったMySQL 環境を構築し、NoSQL の技術を取り入れた、ビッグデータ時代ならではの新しい RDBMS の形を提案します。

[登壇者略歴]株式会社リンク ディベロッパーサポート部 部長。アプリ事業者向けホスティングサービス「at+link アプリプラットフォーム」のサービス開発を担当。職務はプロジェクトマネージメントを中心に広報活動、営業活動、現地作業まで多岐に及ぶ。技術者向け勉強会「tokyoLinuxStudy」の企画・運営を行っている他、2010年4月に日本Red5ユーザ会を立ち上げ、オープンソースカンファレンスでの講演や勉強会の主催など、Red5 の普及にも力を入れている。

 

Share on Facebook

コメント

comments