【講演】ITの世界を一変させるアマゾンクラウドのご紹介

「クラウド」の本当のところを知りたい、という方に「アマゾンクラウド」を紹介

[講師] 堀内康弘氏(AmazonWebService)、小賀浩通氏(株式会社 デジタルキューブ)
[日時] 2012年10月6日(土) 12:30-13:30
[場所] 9F 901
[対象] アマゾンクラウド = Amazon Web Services(AWS)を知りたい方
[定員] 108 名

アマゾンクラウド = Amazon Web Services(AWS)は、2006年のサービス開始以降、Amazon EC2やAmazon S3、Amazon Relational Database Service (RDS)など、開発者の皆様が、スケーラブルで高度なアプリケーションを構築するためのウェブサービスを次々に生み出し、今では20以上のサービスを提供するに至っています。そしてこれらのサービスは皆様の要望を元に、今も機能をどんどん追加し、今も進化を続けています。

すでに世界中で数十万のエンジニアの方々にアマゾンクラウドを利用いただいており、必要な時に必要なだけご利用いただけること、使った分だけお支払いいただく安価な従量課金であること、そして煩雑なITリソースの管理から解放できることなどの利点を活かし、ビジネスを成功に導いておられます。このセッションではアマゾンクラウドの概要とそのメリットを事例やデモを交えて紹介いたします。

講師のご紹介

堀内 康弘 氏

1978年、山梨県生まれ。 慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程修了。 株式会社ブイキューブにて、学生時代からWebシステム開発に携わり、卒業後は取締役として開発をリードする。 その後動画共有サービス「FlipClip」の立ち上げを経て、2009年、創業期のgumiに参画。 複数のソーシャルアプリの開発を手がけた後、2010年gumi取締役に就任。 gumiにてAWSクラウドに出会い、スケーラブルでプログラマブルなAWSの可能性に一目惚れ。 以後全てのアプリケーションをAWSクラウド上で運用する。 AWSの素晴しさを日本の全てのデベロッパーに知って欲しいという思いから、2012年3月にAmazon Data Service Japan入社。 AWSの普及のために、テクニカルエバンジェリストとして日本中を飛びまわる日々を送る。

小賀 浩通 氏

デジタルキューブ 通称(め組) CEO。 アジア太平洋地域で初めてリストに掲載された”WordPress Consultant”。 WordPressのプラグインやサービスを多数展開中。 直近ではWP Booster, WPRMをリリース。

Share on Facebook

コメント

comments