コワーキングスペース カフーツの伊藤さんにお会いしてきました。

こんにちは実行委員の畠中です。先週、ぶっ壊れたmacちゃんを新調しようと、ハーバーランドに寄った祭、コワーキングスペースのカフーツさんがご近所だということを思い出して、お伺いしてきました。

「コワーキング(Coworking)とは、事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。」

(wikipediaより)

最近はノマドワーク、コワーキング、雇われない生き方なんかのキーワードが、話題になっており、サラリーを取る方法も様々になってきてます。IT系の仕事の方はネットと端末さえあればどこでも仕事ができる環境になってきてますから。

カフェで仕事をするのとはまた違った趣で、ある種の連帯感(仕事や情報のシェア)を手に入れることができます。代表の伊藤さんはいち早くこのコワーキングに着目し、日本でもかなり黎明期から運営されてるようです。(話にきくと、日本で一番早く立ち上がったコワーキングスペースだとか。。)

さて、今回は、フェスの企画、「ソーシャルブックス 社長の本棚(仮)」の企画について、お話に伺いました。フェスの一角を借りて、コワーキングスペースを作りたいというのは以前からご相談させてもらっていたのですが、さらにそのスペースに、神戸ITフェス参加者や、来場者の方の「人生で一番影響を受けた本」を展示したいと思います。スペースの確認やら、企画の内容はほどほどに、2~30分でおいとましようと思ってましたが(macちゃんも気になってたw)伊藤さんのお話がすんごく面白くて、2時間ちょっとおじゃましてしまいました。

 

伊藤さんのネット歴は15年ほどで、この業界に入る前は、もともと楽器メーカーの営業マンでして、その後建築業界に入り、インターネットに関わる前は不動産コンサルタント会社にいました。

ネットに触れ、一念発起し、スタートアップしたのがオリジナルギターのEコマース事業だったそうです。いまでもサイト(allman.co.jp)は盛況で、動画あり、ブログあり、ソーシャルメディアありと、かなり尖ったコンテンツを制作されてました。お伺いしたところ、98年当時既にeコマースについて、「価格競争が起こる」ことを予見しており、オリジナル性と製作者の個性を全面に押し出すコンテンツ作りに着想されておられたようです。

 

お客さんとのメールでのやり取りも、単なる製品情報の交換でなく、その業界の裏話や、個人のライフスタイルを押し出し、時にはお客さんとメールのやり取りを何十通も繰り返し、あげく、「あなたにはこのギターは向いてないので売らないw」といった問答もあったそうです。

伊藤さんの会話しててよくでてきたキーワードが「オーソリティ」ということば。堅苦しい言葉かもしれませんが、ある特定の分野で誰にも負けない知見を披露し、リーダーシップを取ることによって、ものを売っていく。そんなことをおっしゃっていました。

これは今のソーシャル時代において非常に重要なキーワードであり、他人の言葉を借りると、岡田斗司夫氏の言う評価経済社会(本はこちら)に通じる考え方で僕は非常に共感しました。。

お金を得る努力と「共感、フォロワーを獲得する努力」は、今後均衡していく、もしくは上回っていく。というのがこの本の考え方です。芸能人ほどの影響力はないにしても、ある一定のジャンルの中での自分の影響力というものはネットが始まった時期から意識はしていましたが、twitterが出始めたあたりから確信に変わりました。

 

今では就職活動でも、「フォロワー何人いるの??」と聞かれるそうですw 怖い時代ですw

仕事ができるできないより、影響力を重要視する時代っていうのもまた面白そうで楽しみではあります。その境目が今何ではないでしょうかね。

まあ、こんな感じでフェスの話はさておき、音楽の話はギターの話、eコマースの話など、広い知見の伊藤さんとのお話は本当に楽しかったですw(macはタイムオーバーで見れませんでしたがw)

それと、ちょっと宣伝をひとつ。

伊藤さん、今非常に面白い取り組みをしておりまして、コワーキング事業協同組合なるものをスタートさせるようです。

フリーランスのための組合ということですが、将来的には保険を持てたり、組合員もしくは外からのファンディングも視野にいれて活動する組合にするそうです。共同受注など、フリーランスにとっては大変魅力的ではないでしょうか。ぜひ成功させてほしいものです。

コワーキング協同組合

facebookページはこちら
https://www.facebook.com/bccoworking

では、また面白い人いましたら紹介しますね。カフーツの伊藤さんでしたー。

Share on Facebook

コメント

comments