【staff紹介】会場担当 酒井です


はじめまして。
神戸ITフェスティバル実行委員の酒井です。

神戸ITフェスティバルの前身のOSC神戸の時から会場を担当していまして、年々神戸市産業振興センターの建物構造の習熟度合いが上がっています。少し前まで、E-Defenseというところで、IT設備の耐震性向上策についての研究に従事していたこともあり、CADで建物の図面を書くことが多く、手馴れていたこともあり会場担当となりました。今回のITフェスティバルでは、NTT西日本様の協力もあり、会期中専用線(KIF-Net)を引くことができることになり、ようやく本職のITの仕事が出来るようになりました。KIF-Netは、9FのセミナーのUstream中継や、10FのNFC、2階の展示会場での出展者用のネットワークになります。そのため、敷設には施設の幹線のネットワークケーブルを使用させていただく必要があり、通常は建物の施設管理担当者など一部の限られたかた以外は入室することのないEPSに入室させていただきKIF-Net設計のための現地確認をしました。残念ながらKIF-Netは、今回は来場者の皆様への一般解放はしないのですが、いずれは来場者の皆様にも解放できるネットワークにしたいと思っています。

さて、今回の神戸ITフェスティバルでは、私が企画立案したセミナーが3つ開催されます。スパコンに関連したセミナーが2つと、RadikoなどのIPサイマルキャストに焦点を当てた対談です。この対談には、関西の朝のラジオで有名な、日本一のあの方も参加いただける予定です。詳しい情報は、今しばらくお待ちくださいませ。乞うご期待!

まとまりのない話をつらつらと書き綴ってしまいましたが、いろいろ楽しいイベント盛りだくさんの神戸ITウィークと、神戸ITフェスティバルで皆様のご参加・ご来場をお待ちしております。

(文責:酒井久伸)

Share on Facebook

コメント

comments