趣意書

「神戸ITフェスティバル」開催趣意書

「神戸ITフェスティバル」 開催趣意書

最終改訂:2012 年3 月30 日

「情報革命」という言葉が広く使われるようになって10年。今日の社会生活においては、コンピュータを利用する情報技術(IT=Information Technology)とインターネットなどの情報通信技術が広く浸透し、人々が生活、仕事などでそれらを活用するケースが年々増加しています。

特に、近年になって登場したスマートフォンやタブレットPC などの多機能通信端末の登場によって、さらにITが社会生活の中で身近になることで、情報流通が活性化し社会に様々な便利を供するようになってきました。所謂「情報革命」という言葉が理想とした社会が今まさに実現されようとしています。

一方で、IT がもたらす世界は、著しい速度で進歩しており、日進月歩の勢いで発展しています。古きは廃れ新しきに変わるなか、このIT の進化に追従することは容易ではありません。結果として社会の人々一般に広く利便性をもたらすべきIT は、IT を積極的に活用する人々にとってのみ有用となっているという現状があります。

これは、個人の話だけではなく、企業組織においても同様です。IT を積極的に導入し利用している企業は、情報技術や情報流通を上手に活用することで利益を伸ばしています。その一方で、情報技術の導入に遅れをとっている企業は、成長が伸び悩んでいます。これが「情報格差(Digital Divide)」であり、現在および将来においてさらに深刻化していく社会問題の一つであると認識します。情報格差は、地域社会の発展を考える上でも重要な課題です。深刻化する情報格差を解消することが、住民サービスの向上や経済活動の活性化につながります。そのため、積極的にIT の活用を振興して地域社会の発展に供することは、意義のあることだと考えます。

このように考える神戸および関西圏のIT 技術者、企業関係者などの有志により、Kobe IT Festival 実行委員会は設立されました。そして、地域貢献型IT イベント「神戸IT フェスティバル」を開催することにより、神戸市民および神戸周辺の自治体、企業に向けて最新のIT 情報を提供することで、今後さらに重要度を増していく市民生活や企業活動においてのIT 活用を実質的に推進していく機関となることを目指します。

神戸IT フェスティバル実行委員会一同

Prospectus for “Kobe IT Festival”

Last updated: March 30, 2012

10 years has passed since the word “information revolution” is widely used. In the modern social life, IT (Information Technology) using computer and information-communication technology such as Internet become popularly used, and people who take advantage of those information and communication technology in their life and work has been increasing every year.

In particular, IT has become familiar in social life by the advent of multi-functional communication terminal such as smart phones and tablet PC. As a result, information distribution is activated and offers various conveniences to our society. The society which so-called “information revolution” regards as ideal is about to be realized right now.

On the other hand, the world IT brings, has been remarkable progress in speed and continually being developed. With changing from old to new, it is not easy to follow the IT evolution. As a consequence, IT which should offer a wide convenience to people generally in the society, is now useful only to people who actively use IT.

This is not only personal story is also true in the business organizations. Companies that are actively introducing and using IT have stretched well benefit by utilizing information technology and information distribution. Companies lagged behind the introduction of information technology, on the other hand, have sluggish growth. This is the “digital divide (Digital Divide)”, and it is recognized as one of the social problems to be going to worsen further in the present and future. Information gap is an important issue, considering the development of local communities. By eliminating worsening information gap is leading to the activation of economic activity and improve resident services.  Therefore, we believe it is meaningful to promote active use of IT and offer the development of local communities.

Kobe IT Festival Executive Committee has been established by volunteers from IT technicians in Kobe and the Kansai region, and individuals directly related to a company. We provide the latest IT information to citizens of Kobe and local governments and companies around Kobe by holding local contribution type event, “IT Kobe Festival”. We aim to be a substantially institution to promote the use of IT in the civic life and business activities, which become increasingly important in the future.

Kobe IT Festival Executive Committee

Share on Facebook

コメント

comments